「男の減量日記」の歩き方

減量に興味がある方に向けて、情報を発信しています。

このサイトでは「体重を減らす」にあたって下記4つの情報に分けて発信しています。

減量する上でのモチベーションの持ち方
減量する上での食事法
減量時にオススメの運動(ダイエッター向き)
減量に関する体験談や芸能人の成功談

今後、代謝についての情報もまとめて発信していく予定です。

減量とダイエットの違い

「ダイエット」という表現を使わず「減量」という言葉を使っているのには理由があります。

男性向けに「体重を減らす」情報を発信する場合、一番に筋トレしている人たちが思い浮かびました。

筋トレしている人たちに馴染みのある表現として「減量」を用いています。

実際に私も筋トレをしているのでダイエットより、減量に馴染みがあります。

そのため、筋トレしていない人達にとっては「関係のないサイトか」と落胆してしまうかもしれませんが、
かなり初級から記載しておりますので安心してお読み頂けます。

そして、このサイトの何の記事を読めばいいのか、ご紹介致します。

今まで食事制限も運動も成功したことがない方

減量初心者の方になります。

イメージとしては筋肉をつけるよりも、「とにかく痩せたい」が理想の方が対象です。

まず、成功するためのモチベーション設定について、理解してもらうことをオススメします。

上から順番に読んで行くと、理解が深まりやすいです。

モチベーション設定が分かっても実際に何から減量を始めたら良いのかわからないと思うので、
まず、食事をする時に「お腹がはち切れるまで食べるのはやめて、空腹を満たすことだけ考える」というのをやってみましょう。

ダイエットでモテるようになる男に共通する食事の摂り方!【空腹を満たす】
減量でモテるようになる男に共通する食事の摂り方!【空腹を満たす】減量に成功してモテるようになった男は共通して 空腹を満たすように食事を食べているという点です。 これが一番難しい!! 簡単...

これがうまくいけば、減量の食事について足掛かりはOKです。

同時に知識として三大栄養素については知っておくようにしましょう。

次に運動ですが、基本的にはやらなくても良いです。

筋トレは減量には意味がない

もし、趣味として減量の手助けをしてくれる何かをするとしたら「運動」を選ぶくらいの温度感でいきましょう。

そして運動するなら、「筋トレ」でモテる男に変わりましょう

筋トレはモテるのか?答えは【確実にモテるので困ります】その理由は?
筋トレはモテるのか?答えは【確実にモテるので困ります】その理由は?筋トレをすると男は確実にモテます。 そして、ゴリマッチョよりも 細マッチョが好評であることから 筋肉をつけてかつ痩せる必要...

それ以降は中級レベルを確認してみましょう。

筋トレはしているが食事制限は初めて

筋トレしているということは身体のことを考える意識は他の人よりも高そうですね。

恐らく、タンパク質が筋肉に良いことも知っているでしょう。

万が一、三大栄養素について理解していない場合は、下記記事を至急読んでください。

ダイエット中の食事は栄養バランスが大切!【三大栄養素を知らずには痩せられない】
減量中の食事は栄養バランスが大切!【三大栄養素を知らずには痩せられない】痩せるならタンパク質、脂質、炭水化物のバランスが食事をする上で大切だ。 そして、タンパク質、脂質、炭水化物の3つの栄養素を指して三...

それ以外の方には、マクロ管理法を紹介します。

マクロ管理法は、最強の食事方法で、ほぼ全ての筋トレ実践者が把握している内容になります。

減量に効果的な食事の摂り方はPFCバランスを考えること!?【マクロ管理法】
減量に効果的な食事の摂り方はPFCバランスを考えること!?【マクロ管理法】減量に効果的な食事の摂り方はPFCバランスを守り、決まった通りに栄養を摂るようにすることです。(=マクロ管理法) 今回この記事では...

非常に簡単な方法論なので、マクロ管理法に基づいて食事を摂ることは簡単です。

マクロ管理法で食べることができるようになれば、減量中級者と言っても過言ではありません。

マクロ管理法に関する参考記事はこちらからご覧ください。

マクロ管理法で痩せる

モチベーションに不安がある方は、設定方法、維持の仕方を確認しておきましょう。

減量のモチベーション

筋トレしてるしPFCバランスも理解している

普段から食事制限については実施済みで、自分でもある程度知識を持っている方が対象です。

正直、このサイトはあまり役に立たないと思います。

逆に良ければ、お問い合わせフォームから成功談などをどしどしご連絡頂けると幸いです。

題名の所に「成功談」を記載頂き、ご連絡をお待ちしております。

お問い合わせフォーム

今後、「痩せる」科学的仕組みについてもっと情報を発信していく予定なので、それまで少しお待ちください。