ダイエットのモチベーション

ダイエットが続かないのは成長の中毒になっていないから!?成功の積み重ねにハマれ【モチベーションアップ】

痩せたいけど食べたいあなたは
ダイエットが続かないと嘆いては
いませんか??

それは小さな成長に気が付けず
成長の中毒になっていないからだと
考えられます。

継続力は中毒になれば勝ち!!

タバコやお酒が好きな人はまさに
中毒性により強い意志も持たずとも
継続することができているはず!!

同じレベルにまで持っていきたいところ!!

理想の自分が決まってなかったり
何をしてダイエットするか
決まっていない人はまずそこから!!

記録をつけて成長の目撃者に

まず、記録をつける習慣をつけること!!

正直めんどくさいです。

ダイエットのための
食事管理や運動が習慣になっても
ついつい記録を忘れることはあります。

しかし、記録をつけて小さな成長を
目の当たりにすることで
中毒性が生まれるきっかけになるので
ここは少し気合で続けましょう。

成長の中毒になれ

成長の中毒になるためには3段階あります。

・自惚れ
・挫折
・成長

自惚れ

多少は自分に酔って下さい。

手を抜くためではなく
あくまでも原動力としするため。

自惚れることで
頑張っている自分を実感し
満足感が得られます。

ここでストップは絶対禁止!!ですが
まず自惚れから入りましょう。

挫折

そして、いつか自分が変化していない
ことに気がつき絶望します。

これは、勘違いしていたというわけでは
ありません。

最初結果が出ないことは当然ですが
ある程度結果が出始めると
停滞期は必ず訪れます。

そこで、これを乗り越えた俺すげえと
自分に酔って原動力にしながら張り切る。

成長

ここでの成長は小さな成長ではなく
激的な成長です。

これまでは自分にしか気が付かない様な
記録上の成長でしたが
挫折を乗り越えた時
他の人が気づく程の成長が訪れます。

「痩せたね!!!」
この言葉が聞こえた時に
真の成長に辿り着いています。

これ以降は
挫折⇒成長の繰り返しです。

中毒性が最大の継続力

中毒性が結局人間にとって最大の
継続力となります。

小さな成長、変化に気が付き
自分が良くなる感覚にハマってください。

これも全て、記録をつけていないと
わからない小さな成長も味方に
つけないといけないため
記録をとることは
めちゃくちゃ大事なのだ。

中毒性にハマった場合は
本当に必要なデータのみ残し
過剰に記録をつけなくても良い。

手に取れるリンゴを目指す

記録する何かは必ず手に取れるリンゴを
目指していきましょう。

なぜなら、成長を感じることに
意味があるからです。

ただし、手に取れる範囲のリンゴを
取りつくしたら必ず手を伸ばし
その先を目指しましょう。

リンゴがないのに同じところに
手を伸ばしても何もないのと同じで
成長も止まってしまいます。

階段を上るイメージで目標設定し
それを記録。

その成長の姿の中毒になって下さい。

休息日を与えない

1日気を緩めると、人間すぐには
元に戻れません。

中にはこれを痛いほど理解していて
通常への戻し方を知っていて
自分の物にしてしている人も
いると思います。

もし、何かに挑戦するのが初めての人は
基本的に休息日はなしの想定でいきましょう。

例外はなしでマイルール設定を
オススメします。

やむを得ない時はどうすれば良いのか。

例え夜に会社の飲み会があり
たくさん食べることになるし運動できない
といったケース。

・朝昼で調整する
・朝早く起きて運動しておく

このどちらかでも良いので
目標に向けた行動を何もしない
ということだけは絶対に避けましょう。

まとめ

私は挫折に辿り着いた時
せっかく成長のチャンスなのに
現実逃避してしまうことがあります。

痩せたいけど食べたい皆さんは
同じことは絶対にしないように
反面教師にして下さいね。

挫折に気が付くのが遅くなり
成長が遅れます。

そして、違う視点で中毒性をお話すると
食事管理するにあたってついてくる何か
にハマるのもありです。

例えば私は筋トレをし始めたころ
サウナにはまり中毒になりました。

おかげで、ジムに行くことすら続かなかった
自分が行くことは当然になりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です