ダイエットのモチベーション

ダイエットは記録を取ることが継続のコツ!!目標別記録の取り方!!【モチベーションアップ】

痩せたいけど食べたい!!
その葛藤と戦っているあなた。

理想の自分をイメージして
目標を立てたなら
次は頑張る自分の記録を
とってあげましょう。

そして成長を目の当たりにして
楽しむことが継続のコツとなります。

理想の自分像の決め方
理想を叶える目標の立て方

記録するのは体重だけじゃない

記録するのは体重だと思っていませんか?

正直ダイエットをする上で体重は
あまり気にしない方が良いです。

なぜなら結果が出ない停滞期に
ストレスで継続できなくなる原因
なるからです。

それよりも、プロセスを見て
成長を実感しモチベーションアップを
目指しましょう。

では本題の何を記録しておくのか
をご紹介します。

食事を管理するなら

食事を管理するなら、何を食べたか
管理するようにしましょう。

朝食、昼食、夕食、間食
全てをなるべく管理して
自分が何を食べたかを把握する様に。

自然と、1日全体の食事のバランスを
考えられるようになっています。

最終的にはマクロ栄養素を記録
できるようになれば最高です。

運動の習慣を管理するなら

何の運動をしたかにもよりますが
・ウォーキング、ランニング
⇒時間or距離

・筋トレ
⇒重量or回数

などなど。

筋トレの場合
自分が普段やっているメニューを
振り返ることができ
さらにマックス重量も確認可能ですので
筋トレのモチベーションアップは
間違いないでしょう。

記録できるアプリ

食事の管理や筋トレの種目など
細かい設定を行い管理が可能です。

ストイックに行ったダイエット活動を
こうして管理ができ、毎日入れるのが
楽しくなったら勝ちですね。

ただし、これを入れることが億劫に
感じられるようであれば
別の方法を考えても良いです。

成長の過程を目撃しろ

こうした徹底的な管理により
自信の成長を目の当たりにして欲しい。

そして、食事などであれば
しっかり継続できていることに
陶酔して欲しい。

調子に乗ってはいけないが
波には乗って欲しい。

次第に当然の様に
ダイエットに取り組めているはずだ。

まとめ

私は現在減量期は
マクロ栄養素を管理しています。

最低限、たんぱく質だけですが
体重の2倍のg数必要になってくるので
それが取れているかを計算しています。

設定したマイルールを
記録を付けて徹底的に管理を行い
ダイエット成功への
モチベーションアップとしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です