ダイエットの食事法

ダイエットで効率的に痩せるなら脂質を摂取カロリーの25%以内に抑えろ!!【ダイエット食事法】

ダイエットをする時に、脂質を
完全にカットすると意気込んでいる人
いませんか??

油=太ると考えがちですよね。

食べることが大好きな皆さんの
考えていることは間違えていませんよ。

しかし、過剰なカットはダメです!!

脂質の働きを学んで
効率的なダイエットを目指しましょう。

目指すは摂取カロリーの25%

ダイエットに効果的な食事の取り方は栄養素を考えること!?【食事法】ダイエットをするとすぐに 糖質カットに走ったりせませんか? それがあなたがダイエットに失敗する 一番の原因になります。 ...

脂質の働き

脂質は1gで9kcalとかなり高い
エネルギーを持っています。

過剰なカロリー摂取はNGとはいえ
エネルギーは必要です。

そうすると、少量で高エネルギーを
持つ脂質はかなり効率の良い
エネルギー源となります。

ちなみに炭水化物とタンパク質は
ともに1gで4kcalとなっております。

エネルギー源としての役割以外に着目すると
体の機能を整えるホルモンの材料
油で溶けるビタミンの吸収のサポート
細胞を包む膜を作るなどの役割があります。

しかし、過剰に摂取しすぎると
脂肪として体に蓄えられてしまう。

そのため、ダイエット中の
脂質の摂取量は全体の25%に抑えたい。

細かい計算方法は
マクロ管理法の記事で解説しているので
そちらを見て欲しい。

ダイエットに効果的な食事の取り方は栄養素を考えること!?【食事法】ダイエットをするとすぐに 糖質カットに走ったりせませんか? それがあなたがダイエットに失敗する 一番の原因になります。 ...

仮に総摂取カロリーが2190kcalだった場合
その25%の547.5kcalを目安としたい。

するとgに直すと約61g程になる。

脂身付きの牛サーロイン150gに含まれる
脂質の量は41.9gなので
やはり中々少ない。

完全カットはNGだが
適当に管理していると
過剰摂取になりそうなのは
目に見えているぞ。

美容に欠かせない

実は美容を考える女性にとっては
最近では美容に関心のある男性も増えているので
男性も脂質は欠かせない。

過剰摂取がダメなら、もう摂らない方が
管理が楽なのに、と思いませんでしたか?

ダイエット+美容を考えると
やはり脂質は少しは必要です。

脂質はたんぱく質と一緒に人間の細胞膜を
作るのを手助けする働きがあります。

万が一不足すると、肌がガサガサになり
ハリは失われ、髪のツヤもなくなります。

しかも、満腹感に影響が大きい。

なぜなら、脂肪はそのカロリーの高さ
からもわかるように消化に時間がかかる。

そうなると、食後しばらくしてからも
満腹感がキープされます。

また、脂質をとることで
塩分がまろやかになり
脳が幸福を感じるというメリットもある。

こうしたことから
脂質を取ることで得られる
美容効果や、脳の幸せ効果など
メリットがたくさんあるんです。

健康に良い油がある?

脂質は何も体に悪い物ばかりではない。

脂質に含まれる成分として
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり
不飽和脂肪酸の中でも体内で合成できない
脂肪酸を必須脂肪酸という。

「リノール酸」「α―リノレン酸」
「アラキドン酸」の3つである。

必須脂肪酸に関しては必ず摂るべき
脂質成分である。

また、その他の脂肪酸として
DHAと言われる「ドコサヘキサエン酸」
EPAと言われる「イコサペンタエン酸」
がある。

魚油中に豊富に含まれており
中性脂肪を低下させて脂質異常症を予防する
働きがあるので必ず摂るべき。

25%の脂質は飽和脂肪酸からではなく
不飽和脂肪酸から摂るのがベストなのだ。

まとめ

脂質は大切さは分かっただろうか。

最後に要点を簡単にまとめる。

要点まとめ

①脂質は総摂取カロリーの25%
②脂質は美容にも効果がある
③飽和脂肪酸より不飽和脂肪酸

摂るべき食品がかなり絞られてるので
しっかり食品に関する知識も
蓄えておきましょう。

ダイエットの食品は効果的に選べ!! 上級者はオートミール一択!! 炭水化物、たんぱく質、脂質ダイエットする上で絶対知っておきたい 食品はオートミールである。 これは、筋トレしているような人が さらに体絞りに磨きをかける...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です