マクロ管理法で減量

減量にもタンパク質は筋肉に関係なくキレイに痩せるには必要だった【減量食事法】

減量にもタンパク質は筋肉に関係なくキレイに痩せるには必要だった【減量食事法】

タンパク質は「筋肉をつけたい」と思っていなくてもキレイな身体つきで痩せたいのであれば必要です。

実際、タンパク質は筋肉の元になります。

しかし、キレイに痩せるには多少は筋肉を残す必要になります。

体をキレイに仕上げて女性にモテたいのであればなおさらタンパク質をとることをオススメします。

男性だけでなく女性も必見。

どれだけの量のたんぱく質が必要かはくわしくはマクロ管理法の記事を見て下さい。

減量に効果的な食事の摂り方はPFCバランスを考えること!?【マクロ管理法】
減量に効果的な食事の摂り方はPFCバランスを考えること!?【マクロ管理法】減量に効果的な食事の摂り方はPFCバランスを守り、決まった通りに栄養を摂るようにすることです。(=マクロ管理法) 今回この記事では...

たんぱく質の働き

たんぱく質は1gで4kcalと炭水化物
エネルギーは同じである。

しかし、体のエネルギー源になるだけではなく、体の材料の一部になっています。

皆さんもご存知の通りの筋肉だけでなく皮膚、内臓、髪の毛、血液なども材料になっております。

摂取したたんぱく質がそれに使われるかは遺伝などによって配分は異なるようだ。

また、各組織の材料になるだけでなく消化器官や脳神経系の機能を調整するホルモンを作ったり、代謝に欠かせない酵素を作ったりもしている。

にも関わらず、たんぱく質は体に貯めておくことができないのです。

たんぱく質はアミノ酸と呼ばれる栄養素が組み合わさってできているが
「必須アミノ酸」という体内で作ることができない9つのアミノ酸があります。

トリプトファン
リジン
メチオニン
フェニルアラニン
トレオニン
バリン
ロイシン
イソロイシン

よくスポーツドリンクなどの成分表記でこの栄養分を見ることはないだしょうか。

必須アミノ酸を含めて、必ず毎日欠かさずたんぱく質は摂らないといけないのです。

タンパク質を取ると太る?

タンパク質は取りすぎると太ると噂されているが厳密にはタンパク質を過剰に摂取しても太ることはないと断言できます。

しかし、摂りすぎは体に悪く体外へ尿と一緒に排出されるが
その時にタンパク質が多いと腎臓にかなりの負担をかけてしまう。

ではなぜ太るイメージを持たれているのでしょうか。

これは、タンパク質を豊富に含む食材を総じて脂質も豊富である場合が多いからです。

脂質が多いとなるとそれだけ摂取カロリーも多くなります。

そうなると消費カロリーの方が少ないと太るのは当然と言えます。

要するに厳密にはタンパク質が直接的な原因ではないです。

しかし、これはタンパク質を摂る上での一番の課題でもあります。

そう、そしてその課題と共に考えるべきことは次の内容です。

プロテインは摂るべきか?

プロテインは日本語でタンパク質ですが、ここではよく筋トレをした後などに
トレーニーが飲んでいるあの粉末を溶かしたものを言っています。

プロテインは摂るべきかどうか?

それはプロテインに頼るべきかどうかという質問に置き換わります。

プロテインはなぜ必要かというと足りないたんぱく質を補うためです。

実は、食事からたんぱく質を賄おうとすると基本的には摂取カロリーが高くなってしまいます。

逆にクリーンな食品を選ぶと到底必要量のたんぱく質に辿り着かないです。

そのために、プロテインで効率的にたんぱく質を摂取するのです。

食事だけで必要なたんぱく質を目標の総カロリーを越えずに
摂取できるのであればプロテインは必要ないので頼る必要がないです。

もしそうでなければ、不足しているタンパク質を必要とするはずなのでプロテインに頼らざるを得ない。

ABOUT ME
mu.u
mu.u
20代後半の筋トレ歴4年の男。身長178cm。元々チキン南蛮をこよなく愛する体重80kgのちょいぽちゃ。 5年前のある日好きだった女の子から「私ぽっちゃり無理。やっぱ男は筋肉がないと」と目の前で言われ全く眼中にないことに絶望する。 一念発起してダイエットに挑戦するも全く続かず諦めようとしているところに「Testosteron氏」のTwitterと出会い筋トレの重要性を知る。 その後世界で一番嫌いな筋トレを継続させられるようになり、食事制限にも成功し1年で体重65㎏まで落とした。 自身の経験を踏まえて筋トレや減量が初心者の方に向けて「必ず理想の身体が手に入る方法」をご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です