マクロ管理法で減量

ダイエットにプロテインは効果的!?タンパク質を考えた食品の選び方【減量食事法】

ダイエットにプロテインは効果的!?タンパク質を考えた食品の選び方【減量食事法】

プロテインダイエットという減量方法は実際効果的です。

なぜなら、痩せるために食事制限を行うと炭水化物や脂質は取りすぎるがタンパク質は不足するということが起きることがあるからです。

しかし、プロテインを飲むことで、炭水化物や脂質を抑えてタンパク質だけを効率的に摂取することができます

タンパク質だけを効率的に摂取することにフォーカスを当てて下記の様な疑問を解消していきます。

・お腹空きそう
・栄養不足しそう
・太りそう
・タンパク質が摂れる食品知らない

減量にもタンパク質は筋肉に関係なくキレイに痩せるには必要だった【減量食事法】
減量にもタンパク質は筋肉に関係なくキレイに痩せるには必要だった【減量食事法】タンパク質は「筋肉をつけたい」と思っていなくてもキレイな身体つきで痩せたいのであれば必要です。 実際、タンパク質は筋肉の元になりま...

プロテインの効果は?

プロテインはタンパク質です。

英語を日本語訳するとタンパク質になりますが、実際市販されているタンパク質の効能としてもタンパク質補給が目的となっています。

プロテインに置き換えるということは1食にタンパク質だけ摂るってことか?

その答えはどんなプロテインを選ぶのかで補給できる栄養分は変化するので
一概には言えませんが基本的にはタンパク質メインに摂取すると言って間違いないです。

タンパク質って必要なの?

プロテインは不足しがちなので補給が必要です。

日本人は比較的炭水化物を多めに摂ってしまう食生活になっています。

マクロ管理法によって食生活を整えると普段の食事ではタンパク質がどうしても不足してしまいがちです。
⇒マクロ管理法はPFCバランスを守った食事のことです。

マクロ管理法に基づいて減量を行うとタンパク質が不足することは理解できます。

そのため足りない分をプロテインで補っているのです。

プロテインダイエットをするなら

あくまでも足りない分を補っている
という意識が必要になります。

つまり1日の食事バランスが大切になります。

プロテインにしたから痩せるでは
ありません。

そして、プロテインに置き換えたから他の2食は何でも食べられるは間違いです。

プロテイン減量をするためには1日の食事をどのようにするかというある程度の計画が必要になります。

プロテイン減量はかなりの上級者向けだと思って頂いて結構です。

初心者は手を出さず
食べ過ぎを無くす
栄養素を理解する
自分の食事を記録する
マクロ管理法に習う
これらを着実に進めて下さい。

タンパク質源と言えば鶏胸肉

タンパク質を食事から摂る努力をしよう。

タンパク質を食事から摂取するならメイン食材はやはり鶏胸肉になります。

コンビニ食品としても有名なサラダチキンなどは減量食としても王道中の王道です。

ささみじゃないの??という疑問を持っていたあなた!!

ささみは鶏胸肉より少し高いのです。

コスパも抜群に良いので鶏胸肉一択です。

脂質が少ない分味気なさは少し我慢が必要。

減量中の間食はコンビニで効果的な食品を!!暴飲暴食は痩せない理由【減量食事法】
減量中の間食はコンビニで効果的な食品を!!暴飲暴食は痩せない理由【減量食事法】減量で最も強敵となるのは空腹に耐えられず間食をしてしまうことです。 牛丼屋やラーメン屋の前を通り誘惑に負けそうになりませんか? ...

魚からタンパク質を補給するなら

肉だけでなく、魚からもタンパク質を補給することは可能です。

魚からタンパク質を取るなら
タラ
サーモン
マグロ
サバ
などが良い。

最近ではサラダサーモンなる商品も発売されています。

サバなんかは、水煮缶等で買いだめも可能です。

サバは良質な脂質源でもあるので積極的に摂取したい食品です。

タラはお鍋に入れるなどして摂取するのは理想的です。

減量時は脂質を摂取カロリーの25%以内に抑えて効率的に痩せる【マクロ管理法】
減量時は脂質を摂取カロリーの25%以内に抑えて効率的に痩せる【マクロ管理法】減量をする時は自身のカロリーの目安を把握してその25%以内の量に収まるよう脂質を摂取するようにしましょう。 脂質は牧野直子氏監修の...

蕎麦はタンパク質豊富

蕎麦は炭水化物源でもあるが実はタンパク質が豊富なのです。

現在ダルビッシュ選手も蕎麦は積極的に食べています。

この投稿分だけでなくほぼ毎食鶏胸肉と並んで蕎麦を食べているのです。

炭水化物を摂取することを考えた場合、GI値が低めでもありタンパク質が多めと究極の食品なのである。

炭水化物は食物繊維と低GI値の食品を選べ!減量で炭水化物カットは無謀です
炭水化物は食物繊維と低GI値の食品を選べ!減量で炭水化物カットは無謀です炭水化物は食物繊維がたくさん撮れる食品とGI値の低い食品から中心に選ぶようにしましょう。 食物繊維は消化吸収されないため摂取カロリ...

タンパク質の微調整ができる食品

メインとしてタンパク質を摂るのではなくチョットした一品などでタンパク質量を
増やす方法を最後に伝授する。

・たまご
・納豆
・豆腐
・ギリシャヨーグルト
・ツナ缶
などなど。

たまごはタンパク質と同量程度の脂質も入っている。

もし、脂質がギリギリオーバーするなら黄身は捨てるのもあり。

もったいない気もするが徹底した食事管理を行いたいならこれも一つの手段である。

ツナ缶は必ず脂質0の商品を選びましょう。

減量に効果的な食事の摂り方はPFCバランスを考えること!?【マクロ管理法】
減量に効果的な食事の摂り方はPFCバランスを考えること!?【マクロ管理法】減量に効果的な食事の摂り方はPFCバランスを守り、決まった通りに栄養を摂るようにすることです。(=マクロ管理法) 今回この記事では...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です