ダイエットの食事法

ダイエットが続かないのは食べ過ぎリセットしようとするから!?潔く諦めるのも大切!!マクロ管理法【ダイエット食事法】

ダイエットが続かないのは 食べ過ぎリセットしようとするから!_ 潔く諦めるのも大切!! マクロ管理法 【ダイエット食事法】

ダイエットを頑張っていても
なかなか続いていないあなた!!

たまに食べ過ぎてしまうことは
仕方のないこと。

それを帳消しにしようと頑張るつもりが
ずるずる失敗して嫌になっている
なんてことはありませんか?

帳消しにしようなんて考えない!!

毎日一旦リセットしてマクロ管理法に
ついて考えれば良いんです!!

失敗した日があっても
毎日初日だと思って取り組みましょう。

取り返そうとしないこと!!

ダイエットに効果的な食事の取り方は栄養素を考えること!?【食事法】ダイエットをするとすぐに 糖質カットに走ったりせませんか? それがあなたがダイエットに失敗する 一番の原因になります。 ...

誘惑に負けないで

誘惑に負け続けて落ち込んでませんか?

実際、ダイエットに失敗するのは
目の前で人が食べているのを見て
自分一人だけ我慢し
それがストレスになるケースは多い。

そして、帰り道気が付けばラーメン屋に!!
なんてこともあるのではないでしょうか。

正直、そんな誘惑負けるに決まっています。

誘惑と勝負するからダメなんです。

そもそも誰かと食事をする時に
食事制限を過剰に行うのはやめましょう。

誘惑に負けない方法は
誘惑と思わず潔く食べることです。

飲み会は太る?

実際飲み会は食べ方、飲み方が極端に
荒れるケースが多いので太る可能性が
非常に高いです。

しかし、毎日飲み会ではないはず。

恐らく断れない付き合いなんて
月に1回程度ではないでしょうか。

そんな飲み会くらいは
何も考えずに食べるか
食べる順番を気を付けたりする程度で
十分です。

そして、それ以上にある無駄な飲み会は
断りましょう。

毎日マクロ管理法

マクロ管理法という栄養バランスを考えた
食べ方を本サイトでは積極的に
紹介しています。

詳しく知りたい方は是非
下記の本をチェック!!

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方 [ Testosterone ]

価格:1,404円
(2019/2/11 15:51時点)
感想(2件)

恐らく飲み会に行けば
このマクロ管理法からは逸脱した
食事を摂ってしまうことになります。

それでも気にしません。

次の日は粛々とまたマクロ管理法に
習った食事を摂ることに
注力してください。

マクロ管理法を簡単理解するなら

潔く食べ過ぎたことを後悔せず
前に進んでいきましょう。

食べ過ぎリセットするな

食べ過ぎをリセットするために
恐らく自分が何を食べたか振り返る。

そして後悔の念がこみ上げます。

そして、次の日断食並みの食事制限を
行います。

実際にこれに成功すると
変な達成感と自分へのご褒美で
マクロ管理法より少し甘く自分に
接してしまう恐れと戦わなくては
なりません。

要するに頑張った自分に
たくさん食事を与えるのだ。

断食は方法を間違えると逆効果だ。

無計画な断食が引き起こすリスク

摂取したカロリーというのは全てが全て
吸収されている分けではない。

幾分かそのまま流れていき
排泄物として排出されている場合もある。

しかし、断食を行うことで
脳が急にカロリーが入ってこなくなったことを
恐れ、次のカロリー摂取のタイミングで
より効率的に吸収しようとします。

要するに、無計画な断食からの
若干の大食いはいつも以上に
カロリー摂取の効率性があがり
太りやすくなるのだ。

ピンチ乗り越える食べ方

マクロ管理法を毎日粛々と続けることを
肝に銘じて頂けただろうか。

最後に飲み会中潔く食べるより
自分なりに制限をしつつ食事をしたい人
向けにピンチを乗り越える食べ方
紹介したいと思います。

食べる順番

食物繊維⇒タンパク質⇒炭水化物
の順に食べましょう。

まず食物繊維が豊富に含まれるような
サラダを食べましょう。

枝豆でも大丈夫です。

付き出しで枝豆が出てくることも
あるのでそれプラスサラダだけは
必ず初めに食べるように気を付けましょう。

そして、その次はメインデッシュとして
肉や魚などからタンパク質を意識して摂取
しましょう。

最後に〆でもある炭水化物。

炭水化物は急激に血糖値を上昇
させる可能性がありますが
食物繊維を摂取しているので
それを抑えることができます。

お酒の選び方

ビールや日本酒は糖質が多いので
避けるべきでしょう。

ウイスキーや焼酎などの
蒸留酒がオススメ。

しかし、飲みすぎると
頭が痛くなりやすいので気を付けましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です