筋トレ

脚トレすればモテる?即効性のある減量方法【テストステロンを増やせ】

脚トレすればモテる?即効性のあるダイエット方法【テストステロンを増やせ】

脚は毎日使うので、比較的太っている人でも筋肉がついている傾向があります。

太くても筋肉が多ければ良いですが、筋肉がないあなたは脚トレで筋肉とテストステロンを増やしてモテを実感してください。

この記事を読むことで、即効性のある脚トレの方法がわかり
さらにテストステロンの効果でモテる様になります。

女性の様に細い脚を目指す必要はないので、ここはゴリゴリと筋肉をつける方法のご紹介です。

記事を読み終わったら、とにかくスクワットを始めろ!!

テストステロンはなぜモテるのか?

テストステロンはモテホルモンと言われ、男らしさの象徴として取り沙汰されており
女子はこのホルモンに惹かれます。

いわゆる、フェロモン的な者です。

よく、消防士やスタントマンなどの男らしさの象徴の仕事の人の汗は
良いにおいだということを目撃したことはないでしょうか。

これは、本当にいい匂いかはさて置き、本能的にテストステロンを察知している
典型的な証拠なのです。

消防士やスタントマンは日々鍛えており、テストステロン保有者の
最上位と言っても過言ではありません。

テストステロンはモテるということは証明されています。

脚トレはすればモテる理由

スクワットなどの脚のトレーニングは
モテホルモンであるテストステロンをたくさん分泌してくれます。

脚というのは身体全体のおよそ80%の筋肉が占めています。

筋肉量を増やすことでテストステロンを増やすことができるので
80%の筋肉が集まる脚は効率が良い。

また、脚にはホルモン受容体が多く、筋肉を刺激することで
ホルモンがたくさん分泌されるのです。

実際私も、減量を始めた途中から筋トレを開始し
それからというもの、女子の話す機会が極端に増えました。

スクワットなどの脚のトレーニングはテストステロンをたくさん分泌してくれるのです。

具体的な脚トレ方法【スクワット・レッグプレス・レッグエクステンション】

具体的敵な脚トレ方法は3つ。

スクワット・レッグプレス・レッグエクステンションです。

文字ではわかり辛いので、動画を載せておきます。

【スクワット】

【レッグプレス】

【レッグエクステンション】

この3種目を極めれば、テストステロン値爆上げ間違いありません。

引き締めるなら回数を多めにがコツ

ゴリゴリとごつい筋肉ではなく、引き締まった筋肉を求めるのであれば
重量を少し軽くして、1セットの回数を増やす方が良いです。

筋肥大を目的とするのではなく、瞬発力を生み出す筋肉になります。

イチロー選手などはこの筋肉に該当します。

筋肥大を目的として場合8~12回で限界がくる重量でセットを組みますが
引き締める場合は、15~20回で限界が来る重量でセットを組みましょう。

そうすることで、引き締まった筋肉を得ることができます。

食事制限で全体的に痩せられる

食事制限をすることで、脚だけでなく全体的に身体を痩せさせることが可能になります。

痩せるというのは、摂取カロリーより消費カロリーが多くなった時に起こり
食事制限で摂取カロリーを減らした方が効率が良いからです。

実際にランニングを初めても全く痩せなかったことは今までありませんか?

なぜなら1時間のランニングと1つのおにぎりが同カロリーだからです。

それよりも唐揚げを食べない様にする等の方が効果てきめんなのは明らかです。

【おまけ】ある行為を禁止するとさらにテストステロン上昇

最後に、テストステロン値をあげる最終奥義を紹介します。

テストステロンは対外に排出される時ほとんどが射精によって放出されます。

つまり、毎日お〇にーを繰り返していた場合、毎日体外にテストステロンを放出していることになり
テストステロン値はあがらない一方なんです。

しかし、止めさえすれば増えていく一方なのでテストステロン値をため込むことができる
という究極の奥義なのである。

まとめ

脚トレとテストステロンの関係は理解いただけただろうか。

今日からあなたはこれさえすればOKです。

・スクワット
・レッグプレス
・レッグエクステンション
・お〇禁

以上、モテる男になって嬉しい報告を貰えると嬉しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です