筋トレ

脚トレでメンタルに負けない方法!テストステロンでモテる自分を想像しろ

脚は身体の中でも最も筋肉が多いところなので、脚に筋肉が増えることで代謝などにも影響が出やすく
また、モテホルモンであるテストステロンが増大すると言われています。

ただし、脚トレは筋肉量も多いことが起因してメンタルトレーニングと言われる程精神的にきつくなります。

そのためメンタルがやられない方法としてオススメの方法をいくつかお伝えします。

脚トレでのメンタル調整方法

脚トレとしてはスクワットをオススメします。

脚トレの方法を詳しく

自己暗示をかける

「できる」「できる」「できる」

これだけ聞くとおい精神論かよとなると思いますが、一番最初のアップ(おもりをつけない状態でのスクワット)から
自己暗示してやり終わったら「できた」といいましょう。

こうして成功事例を掴み勝ち癖をつけるとメンタルが整えられます。

そして、本当にきつくなってきた時にこの言葉が威力を発揮してくれ「できる」気がしてきます。

負の感情で自分を煽る

会社や学校であった嫌なこと、人間関係の悩みだと気になってくよくよしたり腹がたっていることが何かないかを考えておきます。

できれば、怒りの感情が良いです。

その怒りの感情を重りにぶつけましょう。

叫んでもいいです。

これを持ち上げれば、怒りが吹っ飛ぶような気がしてくるはずです。

テストステロンでモテる自分を想像する

筋トレがうまくいき限界を突破すればテストステロンの分泌もより積極的に起こるでしょう。

その効果で自分が女にモテまくっていることを想像してみましょう。

女の相手は芸能人でも良いです。

オススメインスタの筋トレ女子

もちろん意中の女性やナンパに成功しまくる自分でも良いです。

さらい追い打ちをかけて頑張ることができるはずです。

まとめ

脚トレでのメンタルを整える方法は3つです。

・自己暗示
・怒りの感情をぶつける
・不純な欲求をぶつける

以上です。

これだけで人間は努力できるようになります。

脚トレで痩せる身体とテストステロンでモテる自分に出会ってください。

⇒【男のダイエットに脚トレ必須
⇒【ベンチプレスの正しいやり方

ABOUT ME
mu.u
mu.u
20代後半の筋トレ歴4年の男。身長178cm。元々チキン南蛮をこよなく愛する体重80kgのちょいぽちゃ。 5年前のある日好きだった女の子から「私ぽっちゃり無理。やっぱ男は筋肉がないと」と目の前で言われ全く眼中にないことに絶望する。 一念発起してダイエットに挑戦するも全く続かず諦めようとしているところに「Testosteron氏」のTwitterと出会い筋トレの重要性を知る。 その後世界で一番嫌いな筋トレを継続させられるようになり、食事制限にも成功し1年で体重65㎏まで落とした。 自身の経験を踏まえて筋トレや減量が初心者の方に向けて「必ず理想の身体が手に入る方法」をご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です