食事で痩せる

リフィードとは?チートデイと違って炭水化物の量を増やすだけ!?【停滞期突破】

リフィードとは、食事制限を行っている減量期に取りいれるもので
普段摂取している炭水化物をいつもより多く取る日のことをいいます。

正しい方法でリフィードを行うことで
減量やダイエットの停滞期に良いとされるチートデイよりも
リスクなく停滞期を打破する効果を発揮することができるのです。

チートデイとは?いつもの3倍食べて良い日

頑張って減量(ダイエット)をしているのに驚くぐらいに
ピタリと体重が落ちなくなってしまっている人もたくさんいると思います。

でも安心して下さい。

この記事で正しいリフィードの方法を解説していますので
是非、新たにリフィードを取り入れて減量を加速させるきっかけとしてください。

この記事が参考になる方

・減量が停滞期に入って苦しんでいる方
・チートデイを取り入れても効果がない方
・リフィードについて知りたい方

リフィードとは?

リフィードとは減量期に慢性的に不足してしまっている炭水化物の量を一時的に増やすことを言います

炭水化物が不足することでエネルギーに不足になった脳が飢餓状態だと勘違いしてしまいます。

すると身体は代謝を落とし少ないエネルギーで生き伸びようとしますが
リフィードで炭水化物を増やすことで飢餓状態を脱したと勘違いし代謝が元に戻ります。

要するに代謝が落ちがちな減量期に取り入れることで
代謝を元に戻し痩せやすい身体の状態に戻すことができるのです。

減量期に代謝が落ちるのには筋肉が落ちることの他に
ホメオスタシスという飢餓を回避する働きが活発になることが理由にあります。

ホメオスタシスとは
減量期の摂取カロリーの少なさから飢餓状態に近づく恐れがあると察知し
消費カロリーを抑えて少ないエネルギーでも生きていけるように
人間の身体を省エネモードに変えてしまうことです。

これが減量で食事制限をしているにも関わらず
停滞期が訪れて痩せなくなってしまう理由です。

しかもリフィードには単純に食べて代謝を良くすること以外に
もう一つチートデイにはないメリットがあります。

血糖値が上昇してインスリンが分泌されても、脂質の摂取量は増やさないため
脂肪として蓄えられる栄養自体が少ないので太らずに済む

このおかげで、好き放題食べるチートデイと違い
失敗のリスクなく痩せることができるのです。

リフィードの方法

まず二つの数値が分かる必要があります。

・あなたの実際の今の摂取カロリー
・減量をしない場合の理想摂取カロリー

前者は皆さんがそれぞれ把握されていると思います。

後者は計算ページがあるので、よろしければそちらを参考に項目を入力して計算して下さい。

Diet Genius

仮に今2128kcalが減量時の摂取カロリー、減量しない場合の理想が2660kcalだとします。

リフィード時に食べてもいい炭水化物は
2660kcal-2128kcal=532kcal

532kcalの炭水化物を余分にとって大丈夫です。

そして冒頭にもお伝えしましたが、いつもと同じ炭水化物を摂取しましょう。

普段玄米を食べているのにピザなどがっつりした物に変えないようにしましょう。

あくまでもいつもと同じ炭水化物の食べる量を増やすのが目標です。

リフィードまとめ

この方法だけでリフィードは成功します。

もちろん一回でうまく行くかはわかりませんが
ここの理論に基づいて挑戦しもう少し炭水化物多めかなとか少な目かなとかは
自分の身体の調子に合わせて挑戦しましょう。

最後に500kcalの炭水化物はだいたい250gです。

100gの白米で炭水化物37.1gなのでかなり量は多いですが
頑張って挑戦してみて下さい。

ABOUT ME
masapon
masapon
体重が増えに増え30歳到達時点で100kgに到達。その後も色んなダイエット(炭水化物カット、ウォーキング、キャベツダイエットなど)を試してきましたがうまくいかず。 33歳になり体重は120kgに到達。 さすがにヤバいと思いとりあえずサプリメントを購入して試してみると 徐々に効果が出始めて3カ月で100kgを切りました。 その後34歳の時点で80kgまで到達し、今もその体重をキープしています。 デブの目線から誰でもできるダイエットの方法や心掛け等超絶初心者向きに情報を発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です