減量時の食事法

カフェインの脂肪燃焼のメカニズムとは!?有酸素運動前に最適

この記事ではカフェインの脂肪燃焼のメカニズムについて詳細を解説していきます。

結論としては、科学的にカフェインは脂肪燃焼の流れを助けることがわかっています。

間違ってはいけないのが、脂肪燃焼が起こる途中のフローを手助けするのであり、カフェインを摂取すれば脂肪燃焼が起こるわけではないのでご注意を。

詳しく知りたい人は是非この記事を読んでカフェインの脂肪燃焼のメカニズムについて理解を深めて下さい。

カフェインの脂肪燃焼のメカニズムとは?

カフェインは脂肪燃焼が起こるフローの中である一部分を助ける役割を担っています。

脂肪燃焼の一連の流れは下記のようになっています。

①何らかの働きにより中性脂肪が分解され脂肪酸になる
②脂肪酸がエネルギーに切り替わる

カフェインが担っているのは脂肪酸がエネルギーに切り替わる部分です。

脂肪酸がエネルギーに切り替わるには体内でエネルギーにしてくれる場所まで脂肪酸を運ばなくてはいけません。

この時、運べる脂肪酸の分しか中性脂肪は脂肪酸に分解されません。

つまり、中性脂肪を効率よく燃やすだめには、脂肪酸をエネルギーに変換することが重要になってきます。

カフェインは脂肪酸を受け取り、脂肪酸へ切り替わる場所まで運ぶのに活躍してくれます。

逆に中性脂肪が分解されて脂肪酸になっていないと、運ぶものがないので脂肪燃焼は起こりません。

では中性脂肪を分解する何らかの働きとは何でしょうか?

有酸素運動と相性が良い

それが有酸素運動です。

人間は身体を動かすことで少なからずストレスホルモンが分泌されます。

ストレスホルモンが分泌されると体内では脂肪の燃焼が発生します。

長く続けやすい息切れしない程度の有酸素運動は脂肪の燃焼を最大化してくれます。

つまりこれが有酸素運動前にコーヒーを飲むべき理由になります。

ABOUT ME
かず
かず
20代後半の筋トレ歴4年の男。身長178cm。元々チキン南蛮をこよなく愛する体重80kgのちょいぽちゃ。 5年前のある日好きだった女の子から「私ぽっちゃり無理。やっぱ男は筋肉がないと」と目の前で言われ全く眼中にないことに絶望する。 一念発起してダイエットに挑戦するも全く続かず諦めようとしているところに「Testosteron氏」のTwitterと出会い筋トレの重要性を知る。 その後世界で一番嫌いな筋トレを継続させられるようになり、食事制限にも成功し1年で体重65㎏まで落とした。 自身の経験を踏まえて筋トレや減量が初心者の方に向けて「必ず理想の身体が手に入る方法」をご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です