チートデイの全て

リフィードのタイミングは停滞期がきたら!体重変化1週間なければ挑戦

この記事ではリフィードはしっかり食事制限できているにもかかわらず、体重変化が1週間ほど止まってしまった状態に実施するのがオススメだという話をしています。

詳しいリフィードの方法などが知りたい方は別の記事をご覧ください。

リフィードとは?チートデイと違って炭水化物の量を増やすだけ!?【停滞期突破】リフィードとは、食事制限を行っている減量期に取りいれるもので 普段摂取している炭水化物をいつもより多く取る日のことをいいます。 ...

リフィードは停滞期に実践

リフィードは停滞期に実践しましょう。

なぜ停滞期に実践するのでしょうか?

それは、リフィードがチートデイ同様、身体がホメオスタシスから抜け出すことが目的だからです。

ホメオスタシスとは恒常性維持とも良い、現在の食事でも餓死しないよう省エネモードになっている状態のことです。

つまり、今までは計算通りの食事制限でも問題なく痩せていたのに、省エネモードに切り替わることにより、消費カロリーが減ってしまっているのです。

代謝が悪くなっているとも言います。

そこに糖質をたくさん摂取させることで、エネルギーたくさん入ってくるじゃん!!

それならまだ省エネモードじゃなくてもいいか!という感じです。

給料日前のあなたは、お金をあまり使いませんよね?

そこにいきなりドカンとびっくりするくらいの臨時収入が入ってきたら、嬉しくなって金銭感覚が狂いますよね?

遊びすぎて、省エネモードにしていた時よりもお金ないやんみたいな。。。(笑)

リフィードはそれと一緒です。

身体を騙して、また痩せる状態に戻すことが目的なので停滞期に行います。

停滞期の目安は体重変化1週間なければ

では停滞期はいつやねん?という話ですが、体重変化が1週間∓0.5kg以内であれば実践してもいいでしょう。

期間内右肩下がりで体重が落ちているなら、停滞期とは言わないです。

増えたり、落ちたりが繰り返していたら完全に停滞期です。

いつもより体重の落ち方が減っているだけじゃなく、微妙に増えたりするかどうかも注意しておいて下さい。

これで判断すれば問題ありません。

ABOUT ME
mu.u
mu.u
20代後半の筋トレ歴4年の男。身長178cm。元々チキン南蛮をこよなく愛する体重80kgのちょいぽちゃ。 5年前のある日好きだった女の子から「私ぽっちゃり無理。やっぱ男は筋肉がないと」と目の前で言われ全く眼中にないことに絶望する。 一念発起してダイエットに挑戦するも全く続かず諦めようとしているところに「Testosteron氏」のTwitterと出会い筋トレの重要性を知る。 その後世界で一番嫌いな筋トレを継続させられるようになり、食事制限にも成功し1年で体重65㎏まで落とした。 自身の経験を踏まえて筋トレや減量が初心者の方に向けて「必ず理想の身体が手に入る方法」をご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です